【子役キッズオーディション.com】

子役になるには都会じゃない地方は不利?

TOP>>子役になるには都会じゃない地方は不利?

芸能のお仕事はやっぱり都会というイメージが強いですよね。
そのため都会じゃない特に東京や大阪など以外の地方は不利じゃない?
そんな地域に関する基礎知識を紹介します。

不利は不利!でも関係ない!

東京には事務所も数多く、スタジオやテレビ局、雑誌などの出版社も数多くある事からやはり都会、特に東京は芸能の仕事には有利だと言えます。なので地方は逆に言うと不利となってしまうかもしれません。
しかし多くの芸能人や、子役でデビューしている子も東京出身の人はそんなに多くなく、地方出身者も数多くいるので地方だからといって関係ないと私は思います!

充実してきた芸能事務所

今では芸能事務所が充実してきており、拠点を広く構えているプロダクションもあります。
東京・大阪・名古屋などに拠点を構えるテアトルアカデミーは有名ではないでしょうか。
また、キャストネットやクレヨンなどといった事務所も東京を拠点にしつつ各都市でも事務所を持っています。

事務所選びの際に、「東京に事務所がある」事も重要です。
東京には仕事が多数あるので、「東京に事務所がある」とその仕事を紹介してくれるチャンスも多くなるからです。
そういう意味でも地方の方は東京の事務所ではなく、「東京に事務所がある」芸能プロダクションに入る、という事を考えて見るのもいいのかもしれません。

地方の方がチャンスがたくさん?!

例えば東京では、仕事もたくさんあるのですが、その分ライバルもそれ以上にいます。
しかし地方では仕事は規模の小さいものであったりしますが、人が少ない分ライバルも少ないと思います。
私の知人からは、地方だと地元の新聞や地元のスーパーのチラシなど意外と簡単にモデルとして使ってくれた、という話を聞いたりもしました。
ドラマに出るなどの煌びやかなイメージとは違うかもしれませんが、あの芦田愛菜ちゃんも2年ほど下積み時代を送っていたようなので、そういう意味でも経験を積むという意味では地方の方が有利なのかもしれません!

まとめ

地方だからといって子役デビューを諦める必要は全くありません!
事務所選びは考える必要はあるかもしれませんが、地方のチャンスを掴んで経験を積むというのも一つの手だと思います!


公開日:2015年4月15日
更新日:2015月4月14日
Category:子役オーディションの基礎知識

ページトップへ