【子役キッズオーディション.com】

本当は教えたくない!子役オーディションに合格する為の3か条

TOP>>本当は教えたくない!子役オーディションに合格する為の3か条

オーディションに合格するための3か条

子役オーディションに合格する3つのコツ
ここでは私の今までの経験から独自に考えついた、オーディションに合格する3か条を紹介します!
結構知られている事かもしれませんが、実は出来ていなかった、なんて事が多い事なんです!
このサイトを見てくださってる方にだけお教えしますので、他言無用でお願いします!笑

オーディションに合格する為の3か条

其の壱.会場に入った時からオーディションは始まっている!
其の弐.ナンバーワンよりオンリーワン!
其の参.親は黒子に徹するべし!

其の壱.会場に入った時からオーディションは始まっている!

オーディション会場に入るとオーディション用のセリフが配られる事が多いです。焦る事はありませんが、セリフを理解して練習しておく事が大事ですよね!
また、スタッフや事務所の方、主催側の方も大勢いらっしゃいます。そういった方たちへの気配りや挨拶もとても重要です。「オーディションに合格する」という事はその方たちと一緒に仕事をする、という事です。態度が悪かったり、大きい声で騒いだりゲームをしていたり…という態度は印象がよくありません。もちろん「リラックスをする」事もとても重要ですが、適度な緊張感を持ち、このような気配りが出来る事も重要なのです!

其の弐.ナンバーワンよりオンリーワン!

面接では自己紹介や自己PR,特技の披露などが行われます。応募者の多いオーディションでは流れ作業のように進んで行くため、短い時間でいかに印象を残すか、というように考えてしまいますが、相手は沢山の面接をこなしているプロです。私はこんなにすごい!こんな事が出来る!とアピールする事も重要ですが、ましてや子供なのでナンバーワンでなくても当たり前なのです。自分の好きな事、オンリーワンな事を話す方がより子供らしく、また面接する方もそういった所に良さを見いだしてくれると思います。

其の参.親は黒子に徹するべし!

其の壱でも述べましたが、オーディションで合格する事は一緒に仕事をする、という事なのです。子役オーディションは保護者と二人三脚で、保護者のフォローは必要不可欠ではありますが、保護者が前に出過ぎてはいけません!お子様を思い過ぎてしまう為、お子様の将来や仕事に関して事務所などとトラブルが起こる事も少なくないようです。実はオーディションの時に親も審査されている、なんていう事は珍しくないのです!主催側は保護者が「トラブルを起こさないか」「仕事で忙しい子供をしっかり管理出来るか」という事も見ているみたいなんですよね!心配や不安な気持ちもとても分かりますが大黒柱のようにどっしりと見守るという事も重要だと私は思います!

以上オーディションに合格する為の3か条でした。子役デビューを目指して頑張りましょう!


公開日:2015年3月19日
更新日:2015月3月29日
Category:オーディションに受かるコツ・ノウハウ

ページトップへ