【子役キッズオーディション.com】

子役オーディションに落ちてしまった。子供をしかるべき?話し合いは?

TOP>>子役オーディションに落ちてしまった。子供をしかるべき?話し合いは?

一流子役を目指す過程でオーディションに落ちてしまうことは何度も有るでしょう。
物心ついた子供にとってもオーディションに落ちてしまったという事実に多少のショックを受けるはずです。
本日は、親として子役を目指す子供にどのように接していけばよいのかについてご紹介します。

親は子供の失敗を叱るべからず

まず原因を分析する

オーディションに落ちてしまった原因は何でしょう。
演技の練習不足?面接態度の問題?容姿や需要の問題?
様々な原因が考えられます。

決して親1人で分析を完結してはいけません。

オーディション中に何か大きな失敗をしてしまっていた場合、子供自身も落選の原因を理解できるはずです。
しかし、様々な評価基準にあと少し届かなかったことが原因でオーディションに落選してしまった場合は、子供と一緒に面接や演技について振り返ってみてください。

子供とじっくりと話しあえば「次のオーディションではどのように立ち振る舞うべきか」についてゆっくりと理解していくはずです。

決して叱らない

「オーディションに落選すると親に怒られる」という恐怖心を持たれてしまっては、のびのびとした子役らしさというものが発揮されないばかりか、絶対に長続きしません。
長い目で見ればオーディションでの落選も、いつか人生の必ず糧になるのです。
失敗をしたからこそ学べる部分もたくさんあります。
人気子役も下積み時代があるという事を忘れないでください。失敗を経験して次の糧に出来る事が人気子役になる秘訣となるのです。
落選は次回のオーディションへの準備だと思って子供とよく話し合ってみてください。

まとめ

「同じ失敗を繰り返さない」ためにも、「原因」をしっかりと分析して、次回までに「対策」を行うことが重要です。


公開日:2015年5月26日
更新日:2015月6月23日
Category:デビュー後の疑問

ページトップへ